ファシストフェレスの陰謀〜胎動篇〜
2006.4.9(SUN) at 千日前アナザードリーム

Vo.屍竜DK
Gt.香月斗鴉
(KAZUKI-MASCARAS)
Gt.KAZU
Ba.GARMA
Key.セブン de 松崎
Dr.ZENKICHI
<敬称略>

2006年明けて初のライブ参戦となりました、約1年4ヶ月ぶりのFASCIST。

聖飢魔II信者さんによる大阪城でのお花見参加の後、
白い顔してそのままなだれ込んで行ってまいりました。
もうやることはないだろうと思っていた聖飢魔IIコピバンミサへのメイク参拝でしたが、
それのおかげで妙なエピソードもできたのでまぁいっか〜♪

今回お花見の後数名に分かれてタクスィ〜にて、
同い年トリオ含む数名で大阪城から千日前に直行したわけなんですけども
(その後お花見メンバーはアナザードリームで再会するのであった)
例によってお花見渋滞で車が全然進みません(^^;)。
予定出演時間は18:00ごろだったと記憶しておりましたが、腕時計は既に18時を回っており、
もしかして1曲も聞けないなんてことは…と思ってましたが、
チケットもぎり後(何だその表現)の入口目の前にして、
耳に覚えのあるイントロ…「創世紀」だっ!てことで滑り込み入場を果たしたのでありました。
とりあえず間に合ってよかったです。

メイク参拝の予告などしてなかったので、多分ステージ上で演奏していたFASCISTの皆様、
入口から現れた複数の白い顔にびっくりされたんじゃないかと思う今日この頃。

別に背伸びして撮ったわけではないのです^^

てなわけでまさに「おお、始まってる始まってる」状態で久方ぶりのFASCISTです。

「お前も蝋人形にしてやろうか!」で続きましては「蝋人形の館」。
「手拍子が少ないぞお前ら〜!」と手拍子を促す屍竜さん。
普段の掲示板の文面からは想像もつかないほどの気迫を感じますね。
そして「APRODHITE」へ。白状します、ここでワタクシまたしても頭振っちゃいました〜。
あああもうこんなんじゃいつまで経ってもヘドバン引退できませぬ。
もっとも振ったのは1回だけにとどめましたけどね。
この辺りの選曲は、昨年の本家聖飢魔IIのホールミサでも聞けた曲だけに、
その時のことを少し思い出しながら聞いておりました。
「APRODHITE」にいたっては、終わりの方のサビ部分における、KAZUさんのタメた感じのギターソロに耳が行って、
本家ではジェイル代官が弾いていたであろうあのフレーズだ〜なんて余韻に浸っていたのでした。

屍竜さん      香月さん

「ブヘヘヘヘヘヘ…FASCIST、悪魔のミサへようこそ!この会場はたった今我々FASCISTが完全に占拠した。
諸君たちは我々の……(暫し沈黙←会場爆笑)
と屍竜さん。途中客席より「殺せー!」と入ったツッコミに対し「…お前が死ね!(会場爆笑)」

それでは未知の世界へたたいて踏み込め、GARMAさんのベースがうなります「RENDEZVOUS 60 MICRONS'」、
雰囲気をがらりと変えましてセブンさんのピアノアルペジオで始まる「サクラちってサクラ咲いて」、
イントロのシンセのリズムが軽快な「DEPARTURE TIME」へと流れていきます。
「サクラ〜」はあちこちで言ってますが大阪城の桜を堪能した直後だけに、より心に染み入るものがありました。
「DEPARTURE〜」は処刑の方でやってた曲ですが、「どしゃ降りの大都会」はもちろん「どしゃ降りの大阪千日前ー!」です。
また「♪夢を見に出かけないか〜」の「か〜」のところが、
下から声の高さと声量がグアーッて上がっていくあの感じ(わかるかなこんな表現で)が、
そうそう閣下がやってた〜♪とまた余韻に浸るワタクシ。

GARMAさん      セブンさん

今回のライブは実現に至るまで幾多もの紆余曲折があり、
日程が変わったり会場が変わったりで大変だったみたいですが、
奇しくも日程が変わったおかげで見に行けたというのもありました。
それでも私自身の仕事が決まるまでなかなか確定できなくて、半ばあきらめかけておりましたゆえ、
今回自分への転職祝いになったこのライブ、本当に見ることができてよかったです(閑話休題)。

ここで屍竜さんが取り出したのは…意外にも名刺です。
チラシと違ってかさばらないし、財布にも入れられる…確かに(^^;)。
「これを配って回ると時間がないので客席で回せ」
と最前のお客さんに手渡しております(回せっていうことで手元で本当にクルクル回してた方がチラホラ…*^m^*)。
すかさず手元に来た名刺を拝見、おおっふぁしすと大百科へのQRコードまでついてるじゃないですか!
その後サイトへは携帯からも行けるようになりましたね♪
最近はQRコードも作れるのかぁ〜と変なところに関心してしまったのでした。

ZENKICHIさん      KAZUさん

で、その間に構成員紹介が行われます。モンスターリズセクZENKICHIさん、GARMAさん、
サポートKeyのセブンさんまで紹介したあと、
左右を見ながら「どっちにしようか…」と悩む屍竜さんに「あっち!」とステージ下手を指差す香月さん(笑)。
よってまずはOn guitar on you left sideでバンマスのKAZUさん、
そして「赤コーナー…177センチ65キロ〜」と格闘技みたいな紹介(爆笑)で新構成員香月斗鴉さん。
今日のミサよりもアナザードリームの隣の隣にあるステーキハウス「ペッパーランチ(でしたっけ)」で
ステーキ食べることの方が楽しみだった(大爆笑)という屍竜さん。

いよいよ最後の曲となってしまいましたが
、「我々FASCISTのミサが終わったとしても、闘いが終わったわけではない!」で「HOLY BLOOD〜闘いの血統〜」へ。



ところで今までいろんなライブハウス行った中で経験のなかったことがありました。
それは…機材入れ替えの合間に司会のおねーさんが出演者にインタビューしてたんですねー。
ということはFASCISTのライブが始まる前にも、前のバンドのインタビューがあったということですよね。
やり取りはだいたいこんな感じでした。

「このお洋服はどういった…」→「これは戦闘服だ!」
「闘ってきたりとかしたんですか?」→「ミサ自体が闘いなんだ!」
「ミサ以外では魔界でどういう活動してるんですか?」→「普段は世を忍ぶ仮の姿で潜伏している」
「次のミサの情報はどうやって知ったらいいんですか?」→「それはさっき配った名刺を見るんだ」
「FASCISTとして以外でも闇にまぎれて活動してるというわけなんですが…」→妖怪人間かそれは」
「このメイクは〜」→「メイクではない、素顔だ!」

その様子を一般客(?)として少し離れたところで眺めていたら、
司会のおねーさんと目が合ってしまい突然マイクを向けられてしまったのでした
。あまりにもとっさでトンチンカンなことを口走ったおマヌケな私の返答はこちら。
「今日は閣下の歌を聞いてどうでしたか?」→「…お疲れ様でした
 ……質問の答えになってません(T^T)。

 おあとがよろしいですか(^^;)?


SET LIST

創世紀
蝋人形の館
APHRODITE

RENDEZVOUS 60 MICRONS'
サクラちってサクラ咲いて
DEPARTURE TIME

HOLY BLOOD